会社設立プラス 税務調査対策

会社設立プラスの税務調査対策についてご紹介いたします。

会社設立プラスは常に納税者であるお客様の味方です。
一人ひとりのお客様に最適化した税務調査対策、節税対策をご提案して、お客様の会社の利益を最大化します。

税務調査と聞いて「ペナルティがあるのでは」と不安になるお気持ちも分かりますが大丈夫です。
経験豊富な会社設立プラスの税理士に安心してお任せください。

会社設立プラスの税務調査について

会社設立プラスは税務調査対策にも揺るぎない自信がございます。
しかし経営者の皆様は「税務調査」と聞くと、なにかコワイものみたいな印象があるのではないでしょうか?

  • 追加で納税があるのではないか?
  • 罰金があるのではないか?
  • まさか逮捕?

税務調査とは「納税者が税法に則って正しく申告、納税しているかどうか」を国税局や税務署が調査することです。
だから、普段から現金・預金の管理や、領収書等の整理をキチンとしていれば、特に恐れることはありません。

でも、税務署から突然税務調査の電話連絡があったら……という不安な気持ちもわかります。
なぜなら、普通の社長様は、慣れるほど税務調査の経験があるワケではありませんから。

そんな不安を解消すべく、税務調査に慣れた会社設立プラスの税理士に全てをお任せください。
安心して対応できるよう弊社が全力でバックアップいたします。

①事前点検

会社設立プラスが証憑類のチェック、税務上問題点がないかを確認し、追徴の可能性があるかどうか判断します。

②調査立会

基本的に税務署員とのやりとりは会社設立プラスが担当し、極力問題がないよう対応致します。

③税務署交渉

もし税務上解釈の違い等が出た場合、お客様の意図をくみ、税務署との交渉は会社設立プラスが行います。

税務調査に不安はつきないものです。
私たちはあなたの不安を癒すために喜んでご協力いたします。

会社設立プラスを助っ人だと思って頼っていただけたら嬉しいです。
ぜひお気軽にご相談くださいませ。

会社設立プラス 無料相談受付中
PAGE TOP ↑