会社設立プラス 起業セミナー

ベンチャーキャピタルから出資を受ける方法!

公開日: : 最終更新日:2014/03/10 会社設立プラスの独立起業セミナー

会社設立プラス

会社設立プラスです。
起業家にとって資金調達は非常に重要な課題です。
今回はベンチャーキャピタルから出資を受けるポイントをご紹介します。

優秀な経営陣であること

ベンチャーキャピタルが最重視するのは経営陣の質です。
経営者については、ビジョン・行動力・経験が見られます。
また数値に基づいた戦略を立案できるメンバーの存在も重要です。

商品やサービスの優位性

商品やサービスの優位性もベンチャーキャピタルは重視します。
競合に対して強みを持ち、市場で圧倒的な優位性を確保しているかを見ます。
また現在の状況だけでなく、将来的にも売れるものであるか再度確認しておきましょう。

市場の存在

市場の成長性もベンチャーキャピタルは重視しています。
ある程度の市場があり今後も成長性が見込めることがポイントです。
現時点の収益よりも「市場の大きさと成長性」が重要な判断基準になります。

株式公開の予定がある会社であること

ベンチャーキャピタルの目的は株式公開後の株式の売却で得られる利益です。
そのため株式公開を目指している企業が前提条件です。

事業計画書

事業計画書はベンチャーキャピタルから投資を受けるために非常に重要です。
大切な2つのポイントをご紹介いたします。

全ての要素が網羅されている

事業計画書に必要な項目を挙げました。
全て網羅されているかチェックしましょう。

  • エグゼクティブサマリー
  • 事業立ち上げの経緯
  • マネジメントチーム
  • 会社概要
  • 経営理念・事業理念
  • 商品・サービスの概要
  • 儲けの仕組み
  • 市場および競合の分析
  • マーケティング/営業
  • 立ち上げ戦術
  • 成長戦略
  • オペレーション計画
  • 人事戦略
  • 財務計画
  • 資金調達
  • 出口戦略
  • リスク管理
  • プロジェクト管理

売上計画の検証

事業計画書の「売上」について以下の3つを検証しましょう。

  • 市場や競合会社の分析
  • 販売戦略
  • 財務計画

この3つを検証するかしないかで売り上げに大きく差が出ます。
市場規模や競合の売り上げ推移を数値で調査をすること、自社商品の価値を検証することが大切です。
事業計画書に盛り込むとき、仮説を立てるとともに検証を行いましょう。

会社設立プラスでは無料相談を受け付けております。
もしご不明・ご不安な点がございましたら からお気軽にご連絡ください。
お客様がご安心していただけるまで、弊社スタッフが心を込めて対応させていただきます。

関連記事

会社設立プラス

独立起業するなら知りたい2つの資金調達方法

会社設立プラスです。 独立起業するなら知るべき会社設立時の資金調達について解説させていただきます。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業する前に知っておきたいデメリット

会社設立プラスです。 友人などから「起業しました!」という言葉を聞くと、 「自分も早く起業したい

記事を読む

会社設立プラス

独立起業するなら知るべき経営の基礎知識4つ

会社設立プラスです。 独立起業した後、どのように経営するかは業種や事業内容によって異なります。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業するなら知るべき許認可が必要な業種

会社設立プラスです。 ここでは独立起業するなら知るべき許認可が必要な主な業種をご紹介いたします。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業を成功させるリミットと資金の重要性

会社設立プラスです。 今回は独立起業後、事業を軌道に乗せるために欠かせない リミットの重要性につ

記事を読む

会社設立プラス

起業を成功に導くインターンシップのメリット

会社設立プラスです。 今回は独立起業したら導入したいインターンシップ制度のメリットと注意点を解説い

記事を読む

会社設立プラス

独立起業を準備する時に大切な心構え7か条!

会社設立プラスです。 「将来起業したいが、まず何について考えればいいか分からない」 初めての起業

記事を読む

会社設立プラス

独立起業するなら知るべき金銭面の基礎知識!

会社設立プラスです。 今回は独立起業するなら知っておきたい金銭面について解説させていただきます。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業し会社設立した後に必要な書類手続き

会社設立プラスです。 独立起業して会社を設立した後、諸官庁に提出する書類について解説させていただき

記事を読む

会社設立プラス

独立起業するなら最低限知るべき基礎知識!

会社設立プラスです。 独立起業するために最低限の基礎知識は必要です。 特に会社の形態や仕組みは手

記事を読む

会社設立プラス 無料相談受付中
PAGE TOP ↑