会社設立プラス 資金調達

会社設立プラスの資金調達についてご紹介いたします。

会社設立プラスの資金調達について

企業の成長のために「資金調達」は非常に重要なテーマです。
会社設立プラスでは、クライアントの成長にとって最適な資金調達を実現するため、資金調達方法の選定から、資金調達の実現のための実行支援まで行っております。

助成金・補助金の活用

会社設立プラスでは助成金・補助金についてのご相談を承っております。

助成金・補助金とは国や自治体が中小企業に対して支給する資金です。
助成金・補助金の最大のメリットは融資と違って返済義務がないことです。

助成金は条件が整えば基本的に受給できます。
補助金は予算があるので受給できない場合があります。

受給には細かい審査がありますので、不安な場合は一度会社設立プラスにご相談ください。

こんな悩みをお持ちの方は会社設立プラスにご相談ください!

  • 過去の資金の動きだけでなく、今後の無駄な借入れを減らすためにも将来的な会社の資金の動きを予測したいが、どのように対応すればよいかわからない。
  • 金融機関から新規もしくは追加の融資を受けたいが、どのような資料を用意していいかわからない。また、通常よりもなるべく低金利で融資を受けたい。
  • 業績が芳しくなく、金融機関への返済をしばらく猶予してほしいが、金融機関に対してどのようにお願いしていいかわからない。
  • 制度融資など、各企業にとって有利な条件で融資を受けることが可能な制度があるかなどの助言や情報がほしい。

その他、資金調達についてお悩みの方は、ぜひお気軽に会社設立プラスにご相談くださいませ。

融資の種類について

プロパー融資

プロパー融資とは、金融機関自身がリスクを負って貸し出す融資のことです。

金融機関が融資を行う場合、通常は保証協会付きの融資を紹介します。
金融機関がプロパー融資を申し入れてきたら、
あなたの会社にかなり信用力がついてきたということになります。

プロパー融資を受けるためには、業績が好調なことはもちろん、
過去に融資をきちんと返済していること、
金融機関との付き合いが長いことなど様々な条件が整う必要があります。

保証協会付き融資

保証協会付き融資とは、保証協会が保証した金融機関からの融資です。
企業の信用が足りないと金融機関が判断した場合に、保証協会がリスクを負うことで(融資額の80〜100%を保障)融資を実現します。
万が一返済が滞った場合は保証協会が金融機関へ返済を行うので、金融機関のリスクは融資額の0〜20%で済みます。

ビジネスローン

ビジネスローンとは中小企業向け融資の1つで、無担保で第三者連帯保証が不要なのが特徴です。
融資条件はゆるやかで審査も迅速ですが、貸し出し期間が短く金利が高い場合が多いです。
銀行系とノンバンク系の2種類があり、審査方法は代表者の信用情報や決算書審査を審査します。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは、不動産を担保に受ける融資のことです。
不動産は所有権や現物確認が容易なため短期間で審査が終わり、融資を受けられる確実性も高いです。
不動産担保ローンのメリットは、不動産を担保にしているため、毎月の返済額を抑えて長期返済ができることです。

動産担保ローン

動産担保とは、売掛債権や棚卸資産(いわゆる在庫)などの流動性の高い資産を担保に受ける融資のことです。
動産は金額が変動したり在庫価値の判断が難しいため、まだ広くは普及していない融資方法です。

会社設立プラス 無料相談受付中
PAGE TOP ↑