会社設立プラス 起業セミナー

独立起業するなら知るべき雇用時の手続き4つ

公開日: : 最終更新日:2014/03/10 会社設立プラスの独立起業セミナー

会社設立プラス

会社設立プラスです。
独立起業するなら知っておきたい
人を雇用したときの4つの手続きについて解説させていただきます。

従業員を採用する流れは以下のとおりです。

  • 1.労働契約を結ぶ
  • 2.「社会保険の加入」の手続を行う
  • 3.「労働保険の加入」
  • 4.勤怠管理し所定の書類を保存する

では詳しく見ていきましょう。

1.労働契約

従業員を採用した場合まず労働契約を結びます。
労働条件は書面で明示する必要がありますが、労働契約は口頭でも成立します。

そのため労働条件の通知書だけでも契約は成立しますが、
後々のトラブルを避けるため労働契約書を交わしておきましょう。

労働条件は以下の内容を明示する必要があります。

  • 契約期間
  • 就業場所と従事すべき業務
  • 所定労働時間を超える労働の有無
  • 勤務時間、休憩、休日、休暇
  • 賃金
  • 退職に関する規定

2.社会保険の加入

雇用した従業員が以下の条件に当てはまる場合は
社会保険の被保険者となります。

  • 雇用期間が2月以上
  • 所定労働時間・労働日数ともにその事業所の主な労働者の約4分の3以上

2か月後も雇用が継続されることになった場合
そのときから社会保険の被保険者となります。
社会保険の被保険者となる従業員を雇った場合、雇用日から5日以内に所轄の社会保険事務所へ届出をする必要があります。

3.労働保険の加入

雇用保険について

雇用した従業員が以下に当てはまる場合、雇用保険の被保険者となります。

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上
  • 30日を超えて引き続き雇用の見込みある者

6か月契約で雇用した場合、契約更新で引き続き1年以上雇用が見込まれる場合には6か月を超えたときから被保険者となります。

雇用保険の被保険者を雇った場合、
翌月10日までに所轄のハローワークへ届出をする必要があります。

労災保険について

労災保険はすべての従業員に適用されます。
手続は必要なく、保険料を毎年納付する必要があります。

4.勤怠管理、書類の保存

雇用した日からタイムカードなどを使って、
出退勤の管理、早退・遅刻届などを使って勤怠管理をする必要があります。
また「労働者名簿」「賃金台帳」を作成して事業所に備え置かなければいけません。

会社設立プラスでは無料相談を受け付けております。
もしご不明・ご不安な点がございましたら からお気軽にご連絡ください。
お客様がご安心していただけるまで、弊社スタッフが心を込めて対応させていただきます。

関連記事

会社設立プラス

独立起業した人がやるべき3つの自己管理

会社設立プラスです。 今回は独立起業した人がやるべき3つの自己管理スキルについてご説明いたします。

記事を読む

会社設立プラス

社会起業家として独立するための基礎知識!

会社設立プラスです。 今回は社会起業家として独立するための基礎知識をご紹介します。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業する人が準備段階で注意すべきこと!

会社設立プラスです。 独立起業のポイントについてご説明いたします。 独立企業する際に

記事を読む

会社設立プラス

独立起業したSOHOのためのスキルアップ術

会社設立プラスです。 今回は独立起業したSOHOが知るべきスキルアップ術について解説いたします。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業するためにアイデアを創り出す方法!

会社設立プラスです。 良いアイデアは良いビジネスを生み出します。 独立起業にあたってはもちろん、

記事を読む

会社設立プラス

サラリーマンが独立・起業・開業する方法!

会社設立プラスです。 今回はサラリーマンが独立・起業・開業する方法についてご説明いたします。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業を成功させるスタートアップ21か条

会社設立プラスです。 「会社を設立して成功する人やチームには、何か共通点があるのだろうか」 と思

記事を読む

会社設立プラス

金融機関から融資を受ける方法

会社設立プラスです。 会社設立プラスでは様々な資金調達を承っております。 金融機関から融資を受け

記事を読む

会社設立プラス

独立起業するなら知るべき会社設立の基礎知識

会社設立プラスです。 独立起業し会社を設立する上で知っておきたい基本知識を解説させていただきます。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業する前に知っておきたい定年の知識!

会社設立プラスです。 独立起業して従業員を雇う時、定年について知っておく必要があります。 今回は

記事を読む

会社設立プラス 無料相談受付中
PAGE TOP ↑