会社設立プラス 起業セミナー

独立起業するなら必ず覚えておくべき経済用語

公開日: : 最終更新日:2014/03/06 会社設立プラスの独立起業セミナー

会社設立プラス

会社設立プラスです。
今回は起業する上で必ず覚えておくべき経済用語をご紹介いたします。

1.純利益

純利益は売上から経費や税金を引いた「純粋な儲け」のことです。
企業の収益性を表し、経営基盤に直結した最も大切な数字だと言えます。

2.売上総利益(粗利益)

粗利益とは販売価格から仕入れ・配送コストを引いた金額です。
売上に対してどのくらい利益が出るかをパーセンテージで示します。

例えば売上1000円で粗利益が25%なら、会社には250円の利益が残っています。
会社はこの中から社員への給料等を支払います。
いわば企業のガゾリンともいえる存在、それが粗利益です。

3.固定費と変動費

固定費とは何もしなくても毎月発生する費用のことです。
例えば家賃、人件費、光熱費などです。

変動費とは費用から固定費を引いたもので、売上の増加に比例して増える費用のことです。
例えば仕入れ費、材料費、配送費、外注費などです。

4.資本と負債

資本とは会社の株と引き換えに資本家から得たお金です。

負債とは銀行から融資されたお金で将来返済する必要のあるものです。

資金調達は企業の成長にとって大切です。
その方法として株主資本と負債がありますが、
どちらもメリット・デメリットがあるので慎重に検討する必要があります。

5.借入

借入とは簡単に言うと借金のことです。
一方、金融機関は企業の借入金残高と売上の割合や
資本と負債の割合を評価して
どのくらい融資できるか判断します。

これらが基準に満たないと借入超過と見なされ新たな借入ができない状況となります。

6.設備投資

将来的に利益を出すため投じた支出です。
例えば起業時にパソコンやデスクなどを揃えることを指します。

7.取引先への依存度

取引先が1、2社しかない場合、もし取引先に問題が起これば自社も存続の危機に立たされてしまいます。
そのような状態は取引先への依存度が高く不安定であると言えます。

できるだけ取引先を増やして特定の取引先に依存しないようにしましょう。

会社設立プラスでは無料相談を受け付けております。
もしご不明・ご不安な点がございましたら からお気軽にご連絡ください。
お客様がご安心していただけるまで、弊社スタッフが心を込めて対応させていただきます。

関連記事

会社設立プラス

不況でも独立起業して成功するフリーランス像

会社設立プラスです。 不況が続く現在、 「今の自分のままでいいのだろうか?」 と不安になる

記事を読む

会社設立プラス

起業時のやる気を維持して行動し続ける方法

会社設立プラスです。 なんとなくやる気が出ない時はありませんか? やる気を出す方法を知る

記事を読む

会社設立プラス

独立起業するなら知るべき許認可が必要な業種

会社設立プラスです。 ここでは独立起業するなら知るべき許認可が必要な主な業種をご紹介いたします。

記事を読む

会社設立プラス

独立起業して成功する人が持つ11の特徴!

会社設立プラスです。 今回は独立起業して成功する人が持つ11の特徴をご紹介いたします。

記事を読む

会社設立プラス

SOHOで独立起業するメリットとデメリット

会社設立プラスです。 独立起業とも関連が深いSOHOという働き方と、メリット・デメリットをご説明い

記事を読む

会社設立プラス

独立起業するならお任せ!弊社事業所について

会社設立プラスです。 弊社の事業所についてご紹介いたします。 事業所名称:会社設

記事を読む

会社設立プラス

フリーランスのセルフブランディング入門!

会社設立プラスです。 「セルフブランディング」という言葉を聞いたことはありませんか? ソーシ

記事を読む

会社設立プラス

サラリーマンが副業として独立起業する方法!

会社設立プラスです。 起業する前はどんな人でも不安になります。 そのような場合、最初は副業として

記事を読む

会社設立プラス

独立起業する前に知っておきたい定年の知識!

会社設立プラスです。 独立起業して従業員を雇う時、定年について知っておく必要があります。 今回は

記事を読む

会社設立プラス

独立起業やフリーランスに向く人のポイント!

会社設立プラスです。 独立起業やフリーランスに向く人のポイントをご紹介いたします。

記事を読む

会社設立プラス 無料相談受付中
PAGE TOP ↑